無垢の床材のフローリングの主な特徴

無垢フローリングというのは、集成材もしくは積層材を用いない無垢の床材によるフローリング材ということを意味します。
1枚ものの木をフローリング向けに削った継ぎ目無しのもの、 或いは継ぎ足しの加工があまりなされないものが無垢フローリングと称されています。
無垢材については、木自体を用いていることから、風合いが非常によく見た目のムードの良さがあります。
それから、複合フローリングの様に接着し形成しているものとは異なるので、化学物質についても多くないという点もあります。
木の有している特徴としての、調湿作用に関しても秀でている為、夏のシーズンの湿気によるベタつきであるとか、冬の季節のひんやりした冷たさが相対的にないという評価できるポイントもあります。
これ以外に、木特有の香りを楽しむことが可能、経年劣化ということではなく、経年変化というように、年が経過すると共に、そのことが味になるというアピールポイントがあります。
自然に非常に近く、人にとってとても優しい床材と言えます。